「出会い系サイト使ってみたいけど、何か危なそう・・・」
 
このように思ってなかなか登録できない方は多いと思います。実際、出会い系サイトには危険がたくさんあります。
 
しかし、それらの危険を事前に注意していれば、安全に出会い系を楽しめるというのもまた事実です。そして、しっかりと注意するためには、どのような危険性があるのかを把握しておく必要があるでしょう。
 
ですので、今回は、出会い系サイトに潜む危険性を、男性ユーザーの目線に絞って紹介します。
 
 

サクラ

 
出会い系の不安要素といえば最初に思いつくのが「サクラ」でしょう。
 
出会い系に登録してみたいけど、これが心配でなかなかアプリを選べないという人も多いのではないでしょうか。
 
実際にサクラのいるアプリに登録してしまうと、特に危険な目にあうといったことはありませんが、時間とお金が無駄になることはあります。
 
サクラについては、こちら(出会い系でまず気をつけるのはサクラ!)で詳しく解説しています。ぜひご覧下さい。
 
 

美人局

 
出会い系サイトには美人局が存在します。美人局は「つつもたせ」と読みます。
 
美人局の手口としては、まず男性をホテルなどにおびき寄せ、行為中に別の男が怒鳴り込んできて、何かしらの弱みにつけ込んで金を恐喝するというものです。
 
弱みといっても、特に後ろめたいことがない場合には、「自分の妻に何をしれくれたんだ!」といったようなことも言ってきます。
 
この美人局については、対処法も含めてこちら(出会い系の美人局って結局なんなの?)で詳しく解説しています。ぜひご覧下さい。
 
 

援交デリヘル

 
援交デリヘルという言葉をご存知でしょうか。援交デリヘルとは、出会い系サイト内で援交を誘ってくるヘルス業者のことです。
 
もちろん、事前にあちらから金額を確認してくるため、受けたくなければ断ることができます。受けたいのであれば、普通のヘルスと流れは同じで、当日にお金を渡して行為をすることができます。
 
ただし、この援交デリヘルは店舗がなく、「非合法」的な手段で運営しているため、相手にしない方が身のためと言えます。何かしらのトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。
 
援交デリヘルについては、こちら(出会い系サイトの「援デリ」ってなに?)で詳しく解説しています。ぜひご覧下さい。
 

キャッシュバッカー

 
大手の出会い系サイトには、女性限定でサイト内で貯めたポイントをお金に変えることができルものがあります。そしてこのポイントを貯めるためには、男性とメールをする必要があります。
 
この仕組みを利用してお金を稼ぐために、男性と会うつもりもないのにメールをする女性ユーザーが存在します。これが「キャッシュバッカー」です。
 
キャッシュバッカーはその存在自体に危険があるわけではありませんが、お金と時間を無駄にさせてきますので、注意が必要です。
 
より詳しいキャッシュバッカーについての話は、こちら(出会い系の「キャッシュバッカー」ってなに?)で詳しく解説しています。ぜひご覧下さい。
 
 

外部サイト誘導

 
出会い系サイト内の女性が男性をメールで外部サイトに誘導してくることがあります。
 
これはLINEでもよくみる手口ですが、その外部サイトにアクセスしてはいけません。
 
それらのサイトは、架空請求などを行う悪質なサイトであるパターンが多いので、相手にしない方がいいです。
 
 

18歳未満の女性

 
普通、出会い系サイトには18歳以上でないと登録できないのですが、出会い系の管理が甘かったりすると、登録できてしまうことがあります。
 
そのようなサイトでは、18歳未満の女性と出会うことができるようになり、下手をするとであった男性の方が犯罪扱いされます。
 
変な罠に引っかからないためにも、必ず相手の身分証を確認した方がいいです。