出産内祝いの贈り方には様々なマナーがあります。
中でも注意すべきことは、贈る相手が喪中の場合です。
せっかくの出産内祝いが、かえって失礼になってしまわないように、贈ってはいけないものには気を付けましょう。
出産内祝いの贈り方の中でも意外と知られていない、相手が喪中の場合のマナーについて調べてみました。

相手が喪中の場合、出産内祝いは渡して平気?

喪中の場合、喪が明けるまでお祝い事は控えるべきとされています。
ただしこれは喪中の本人たちが結婚式などのお祝い事をする場合の事です。
こちらから出産内祝いを贈る際は、四十九日を過ぎていれば大丈夫です。
本来、出産内祝いは出産から一ヶ月以内に贈るのがマナーとされています。

しかし、贈る相手がまだ四十九日を過ぎていない場合は、先方も忙しく、また心の余裕がない状況です。
もしも、マナー通りに一ヶ月以内に贈れないのが気になるなら、お礼状を出しておくとスマートです。
お礼状の中に「御礼は四十九日を過ぎてからお贈りさせて頂きます」と一言書き添えておくと、出産内祝いを贈るまで時間が空いても問題ありません。

相手が喪中の場合はのしの文言にも注意!

本来、出産内祝いには「内祝」というのしを付けるのが慣例です。
しかし、相手が喪中ならのし書きも注意すべきことのひとつです。
喪中の相手に贈るギフトののし書きには「祝」という言葉は避けましょう。

出産内祝いは、もともと赤ちゃんが生まれたことを内輪で祝うという意味があります。
そのため、四十九日を過ぎていても相手の喪が明けていないため「祝」という言葉は相応しくありません。
相手が喪中なら、のし書きは「御礼」と書くのが適切です。
頂いた品に関する感謝の気持ちと、赤ちゃんが無事に生まれたご報告という意味を込めているので、失礼に当たりません。
喪中の方に贈ってはいけないものとは?

喪中の方への出産内祝いの贈り方で注意すべきことのもう一つのポイントは、贈ってはいけないものがあるということです。
相手が喪中の場合は、ギフトの品物にも配慮が必要です。
特に弔事や死を連想させるような、縁起が悪いとされているものは避けましょう。
まず、贈り物の定番品の日本茶は通夜や葬儀などの弔事によく返礼品として利用されます。
そのため、喪中の方に贈る出産内祝いには不適切です。
また、手軽なギフトのように思える、髪をとかす櫛も「苦」「死」を連想させるためギフトには送らない方がいいでしょう。

このように、縁起が悪いイメージを呼び起こす品物は贈り物のタブーとされています。
その他にも、白いハンカチはご遺体の顔にかけるのに使うため、不幸な連想につながるものとされています。
便利な実用品である刃物も、「縁を切る」という意味があると言われているため、贈ってはいけないものの一つとして有名です。

画像出典元:http://life-saver.jp/1596